コロナ禍におけるオンラインギャンブル市場の台頭

新型コロナウイルスによるロックダウンにより、多くの人が長時間にわたり電子デバイスを使用し、オンラインで利用できるさまざまなテクノロジーに登録し始めています。最近の研究では、急成長を遂げたオンラインギャンブルがギャンブル依存症増加の一因となる可能性が予測されています。ロックダウンが実施されて以来、世界中で多くの人が携帯電話やタブレット、コンピューターに多くの時間を費やすようになりました。また、高度にマーケティングされた商品やサービスがオンラインで人々を魅了するチャンスも生まれています。家に留まっていることで直面する抑うつ状態やストレス、焦燥感、不安から、こういった商品やサービスを避けるのは難しいものです。不安定な精神状態から逃れるには、モチベーションを高め、好奇心を満たす何かが必要です。そのニーズにオンラインギャンブルがマッチしたのです。多くの国のブックメーカーはSNSやウェブサイトに広告を掲載して人々の注目を集め、顧客を増やしています。