新型コロナウイルスによるロックダウンにより、多くの人が長時間にわたり電子デバイスを使用し、オンラインで利用できるさまざまなテクノロジーに登録し始めています。最近の研究では、急成長を遂げたオンラインギャンブルがギャンブル依存症増加の一因となる可能性が予測されています。ロックダウンが実施されて以来、世界中で多くの人が携帯電話やタブレット、コンピューターに多くの時間を費やすようになりました。また、高度にマーケティングされた商品やサービスがオンラインで人々を魅了するチャンスも生まれています。家に留まっていることで直面する抑うつ状態やストレス、焦燥感、不安から、こういった商品やサービスを避けるのは難しいものです。不安定な精神状態から逃れるには、モチベーションを高め、好奇心を満たす何かが必要です。そのニーズにオンラインギャンブルがマッチしたのです。多くの国のブックメーカーはSNSやウェブサイトに広告を掲載して人々の注目を集め、顧客を増やしています。

こういった動きはギャンブル中毒者にとって悩ましいものです。

これらのサービスへのアクセスは非常に簡単で手軽に見えるため、魅力的に映るのです。イギリスではギャンブル依存症の人が35万人以上いるのに対し、オーストラリアでは16万人となっています。スペイン、ベルギー、ラトビアなどの国では、国内のギャンブル依存症患者の割合を減らすという観点から、いくつかの制限が設けられています。

パンデミックがオンラインギャンブルの成長を促進

短期間のうちに、私たちの日常生活は劇的に変化しました。新型コロナウイルの世界的流行は人々の心身に影響を与え、オンラインギャンブル市場が急成長した一因にもなっています。

コロナ禍にオンラインギャンブル市場が急成長した要因:

退屈、抑うつ、不安感

新型コロナウイルスの流行以来、外出が禁止され、人との交流が制限されてきました。また、友人との遊びを断られるだけでなく、中には仕事を解雇された人もいます。こういった状況による気持ちの落ち込みや考えすぎ、孤独感などがきっかけとなり、心の病にかかる恐れがあります。人々に残された選択肢はオンラインプラットフォームへの移行しかなく、そうすることでオンラインギャンブルにのめりこむ可能性が高いのです。

スポーツイベントの中止やカジノの閉鎖

プロスポーツや試合が中止・延期となり、スタジアムやグラウンドに行かなくなったことで、オンラインギャンブルの利用者が急激に増加したことが考えられます。

ギャンブル中毒者への影響

多くの人は、ギャンブル依存症に陥ると経済的な苦境から抜け出せなくなると考えていますが、それ以外にも仕事や人間関係、精神面に深刻な影響を及ぼします。ギャンブル依存症は自殺リスクが高い疾患です。最近の研究では、ギャンブル愛好家は自殺願望や自殺未遂を起こすリスクが高いことがわかっています。また、消化器系や代謝系など、身体にも悪影響があります。

このような場合、依存症の専門家の診察を受けることが強く推奨されます。

依存症のメカニズムを理解している専門家に相談すれば、回復に向けて最適な方法を見つけられるかもしれません。自分の愛する人を大事にすることはとても大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *